2018-07-21

Teddy Riley's New Jack Swing Experience @ EssenceFest2018

Essence Festival 2018 (2018.7.8) で開催されたTeddy祭り!

Teddy Rileyが関わった曲やアーティストとの共演、Teddy祭りのスタートはTeddy's Jamから!
そして、Now That We Found Loveを。

続くI Like The Wayの時には白い服を着た5人組が!
新生HI-FIVEの登場に会場が沸いた。
でもそこにはもうTony Thompsonはいない…涙
なんて思ってたら、まさかのElla Mai "Boo'd Up"のカバーを。
この曲はこのEssenceFestの開催中にいろんなところで何度も何度も聴いたけど、まさかここで聴くとは思わなかった謎。

続いてはI AM HIP HOPを背中に掲げたKool Moe Deeが登場。
How Ya Like Me NowとWild Wild Westの2曲を。

続いてSWVが登場、I'm So Into Youを。
Teddyが一旦ステージから捌けたためかTeddy Riley Remixじゃなかったのが残念。
Weakでは会場大合唱、そしてもちろんRight Here/Human Natureを。

My Prerogativeが流れ出して「お!Bobby登場か?」と思ってたら別の人が…
この秋放送のBobby Brown StoryのPRでNOLA入りしていたのでてっきり本人登場かと思い込んでいたから出てきた別人に呆気にとられた。
が、会場は大歓声。
有名人か?なんかTankに似てるような…誰?
なんて思ってたら曲が終わってしまった。
彼がTankだったと確信したのはショーの最後の出演者紹介でした苦笑

続いてRemember The Timeが流れると白いハットを被ったシルエットが。
誰?と思ったが、振り返った背中にginuwineの文字が!
謎の人選だが会場大盛り上がり、曲がJamに続くとMichael Jacksonなムーブを。
そういえば何年か前にキャンプ座間でGinuwineを観たときにこんなムーブしてたな笑

次は? Wreckx-N-Effect きたー!
Rump ShakerはTeddy 2のバージョンか
あれ?Aqilのマイク繋がってないやん…
Teddyとマイクを交換して自らのverseを披露。
会場はJust shake ya rumpの大合唱。
うろうろしてたMarkellも自らのverseを(これにてお仕事終了)
少しMCがあって、AqilとTeddyがNew Jack Swingのverseをアカペラで。

ここでMC Lyteが登場、Wreckx-N-EffectがプロデュースしたRuffneckを。
ステージバックにはLefteyeの写真が映し出され、なぜか追悼…(LefteyeってTeddyに関わってたっけ?
そしてQueen PenへのtributeでParty Ain't A Partyを。

すでに1時間ほど経過してたが祭りはまだまだ続く。
Blackstreet 2nd generationことBS2の2人が登場。
Teddy, J-Stylzそして新加入のRodney Poeの3人でDon't Leave Meの導入部を、そしてDave Hollisterが迎えられる。
基本的に曲のパートは、DaveがEric Williamsの、JがChauncey Blackの、RodneyがMark Middletonを担当するので、初めて聴くRodneyの歌声が気になっていたが、とても素晴らしかった。
任せられる!って思った笑
続いてDave Hollisterがリードを取るBefore I Let You Go、ソロパートはもちろん最後の溜め、そして4人のハーモニーが素晴らしかった。
そして大ヒット曲No Diggity!からのTears for FearsのShout、この流れをやっと聴けた!
2013年末の来日公演で聴けるかと思ってたけど聴けなかったので非常に満足。

party ain't over、まだまだ続きます。
待ってました! GUYの登場! Groove Meに歓喜!
やっぱりTeddy, Aaron, Damionの3人が揃うと最高だな。
Goodbye Love、Piece Of My Love、Let's Chillと続け、Aaronがソロ曲I Miss Youを。
そしてI Likeを。
一瞬だった、一瞬で終わってしまった。
曲も短めだったし、もっと聴きたかった。
もっと観たい、単独公演が観たい!

続いては… Doug E. Freshが登場。
EssenceFestに毎日出ている盛り上げ役のDougだがちゃんと観るのは初めて。
近年Teddyが自らのコーナーで演奏してるThe Showを。
長尺ヒューマンビートボックス、ヤバかった。
そしてLadi Dadiも。

ん、いつもは最初にやるあの曲、まだやってないな?これは来るぞ!と
Just Got Paidに合わせて登場したKeith Sweatに会場大盛り上がり。
これこれ、期待してたのはこれです!
続けてMake It Last Foreverを。
そしてラストはI Want Herで大団円!


夢のような1時間50分でした。
今回はステージにより近い席をと高いチケットを買ったけど、目視ではそこそこ見えるものの表情などはデジカメの望遠頼み、それを構えるのに興奮でチカラが入りすぎて首肩腕がガチガチに凝っちゃった苦笑

しばらくして落ち着いてきたので振り返ると…
マイクが入ってなかったりハウリングしたりでトラブル多かったな。
Heavy Dのところはゲストがいなかったし、TankとGinuwineも謎の人選。
Hi-FiveのBoo'd Upは謎の選曲だし、SWVの時もTeddyに絡んで欲しかった。
1曲1曲短かったし、あれもこれも聴きたかったし、欲を言えばキリがないけど、それらを差し引いても最高だった。
これだけの盛り沢山はなかなか観れないだろうし、貴重な体験をした。

次は単独公演でGUYかBlackstreet、もしくはWreckx-N-Effectを観たいな。



Teddy Riley's New Jack Swing Experience @Essence Fest 2018

・Teddy's Jam
・Now That We Found Love
・I Like The Way (Kissing Game) / feat. HI-FIVE
・Boo'd Up [Ella Mai's song] / feat. HI-FIVE
・How Ya Like Me Now / feat. Kool Moe Dee
・Wild Wild West / feat. Kool Moe Dee
・I'm So Into You / feat. SWV
・Weak / feat. SWV
・Right Here (Human Nature) / feat. SWV
・My Prerogative [Bobby Brown's song] / feat. Tank
・Remember The Time - Jam [Michael Jackson's song] / feat. Ginuwine
・Rump Shaker (Teddy 2) / feat. Wreckx-N-Effect
・New Jack Swing / feat. Wreckx-N-Effect
・Ruffneck / feat. MC Lyte
・Party Ain't A Party [Queen Pen's song] / feat. MC Lyte
・Don't Leave Me / feat. BS2(J-Stylz & Rodney Poe) + Dave Hollister
・Before I Let You Go / BS2 + Dave Hollister
・No Diggity - Shout [Tears For Fears's song] / BS2 + Dave Hollister
・Groove Me / feat. GUY
・Goodbye Love / feat. GUY
・Piece Of My Love / feat. GUY
・Let's Chill / feat. GUY
・I Miss You / feat. Aaron Hall
・I Like / feat. GUY
・The Show / feat. Doug E. Fresh
・Ladi Dadi / feat. Doug E. Fresh
・Just Got Paid [Johnny Kemp's song] / feat. Keith Sweat
・Make It Last Forever / feat. Keith Sweat
・I Want Her / feat. Keith Sweat

.

Essence Festival 2018

2年ぶり2度目のEssence Festivalに行ってまいりました。
今年は行こうと強く心に決めてましたが、ラインナップが発表されてビックリ
なんとTeddy Rileyの名前が!
これはなんとしてでも行かなければということで今回も強行日程で。

フェス前日の夜、Ace HotelにてAaron Abernathyのフリーライブに。
Nigel Hallらミュージシャンが入れ替わり立ち替わり繰り広げるJam Session、見たことある女性が歌ってたけどなんとColletteさんだった(と後から知った)
1時間半ほど経ってそろそろ帰ろうかと思ったその時あきらかにオーラの違う集団が!
すぐに気づいたのはErykah BaduバンドのRC WilliamsとコーラスのDurand Bernarr。
ドラムも見たことあるなと思ったら以前Teddy RileyのバンドにいたCarlos McSwainだった、現在はSnoop Doggのバンドにいるらしい。
LaFace recordsのTシャツを着ている人が目に付いたがJames Poyserだった
観客の中にはQuestloveやJill ScottのバックコーラスThe Pipesのメンバーの姿も。
いきなりヤバい場所に居合わせてしまった。


EssenceFest 初日、昼間のコンベンションセンターでは昨夜観たDurand Bernarr、Omar Wilson復活したばかりの702を。
この日は夫婦でLedisiの黄色いTシャツを着ていたが50人以上にイイネと声をかけられた。
いいと思ったら褒める文化っていいなと思ったけど、しつこい人もいてちょっと怖かったかも(苦笑

夜はまずメインステージでLedisiを。
振袖のような衣装で煌びやかだったが、ラストにはウェディングフォトが。
ご結婚おめでとうございます。

続いて、ラウンジでのKelly Priceに備えて早めに会場入りしたらえらい盛り上がりよう。
Damien Escobarなるバイオリン奏者がStevie Wonder "I Wish", Michael Jackson "PYT", Prince "Kiss"などド定番を演奏して観客はスゴい熱気だった。

続いて、Vaughn Willisなる人がKemの"Love Calls"を含め2曲を。
Kem曲ではしっとりと、次の曲ではいきなり上半身ハダカになり、キャラが掴めなかった苦笑

パワフルでお茶目なKeKe Wyattお姉様、観客の盛り上がりも一際、持ち時間オーバーのおかわり1曲もあり、かなりヤバかった。

ここまでギュウギュウの混雑の中で2時間のスタンディング、ようやく目当てのKelly Priceの出番。
安定の凄さ、ケリプラにハズレなし。
が、疲れもピークに… 3曲ほどで会場を後に。

メインステージに戻るとSnoop Doggのパフォーマンスは終わっていた…ちょっと観たかったな。

この日のトリはThe RootsをバックにErykah BaduとJill Scottが歌うというモンスター達の共演
それぞれがバックコーラスを引き連れての厚いハーモニー。
さらにAnthony Hamilton + The Hamiltonesも。
観客も含め会場がもう言葉では表せないような雰囲気に。
とにかく凄かった。

そんな中いきなりカットインしてきて会場の雰囲気をガラッと変えてしまうKirk Franklinのパワーにも圧倒された。
でもそれで終わらせないのがErykah様とJill様でした。
初日からもの凄いものを観てしまった。


2日目、昼間のコンベンションセンターではEric RobersonBrandyを。
それにしても今年はすごい混雑っぷりだ。
待ってたけどTerrell Carterは出てこなかった…

夜は現在人気沸騰中のElla Maiを。
19時からなので前方を狙って18時には入場しラウンジへ、すると大勢の人が走り出てきた。
口々に「エラメイはここじゃない、ここはケレーラ」と… 急遽会場変更になったようだ。
流れに乗って会場入りするも前方は程遠く…
またギュウギュウの中で1時間ほど待ちElla Mai登場、どの曲も観客大合唱。
日本では客の声を聴きに来たんじゃないってイラっとするけど、ここではこの雰囲気が好き。
昼間にBrandyがヒット曲The Boy Is Mineを観客に歌わせて最後に The song is mine♬ で締めたのも印象的だった笑
お待ちかねのBoo'd Up、この旅ではどこに行っても流れてて何度も何度も聴いた。
もちろん大合唱、このタイミングでElla Maiを観れてよかった。
曲終わりで混雑した観客が動いたので流れに乗って会場を後に。

メインステージでは昨年復活したXSCAPEが。
今年に入ってKandi抜きのXSCAP3として新曲をリリースしたりしてたけど、ちゃんと4人揃っててよかった。
Do You Want To含む3曲ほど聴けた。

続いてQueen Latifah… だがメイン会場が静まっていた。
つまらないのでラウンジのIdris Elbaを観に行こうとするも入場規制が! さすがムービースターだ。
仕方ないのでメイン会場に戻り、しばらくするとBrandyが登場、会場が一気に盛り上がった。
I Wanna Be Down REMIXそのままにMC LyteとYo-Yoも登場。
立て続けにLemy Ma, Missy Elliott, Salt-N-Pepa, Monie Loveがヒット曲を、めちゃめちゃ盛り上がった。

この日のトリはもはやEssenceFestの顔とも言えるMary J. Blige
ゲストなんか不要とばかりの圧巻のパフォーマンス、日本で観たそれとは全然違った。
No More Dramaでの定番ウサギ跳びの後に倒れこんでたし、熱量が凄まじかった。


3日目、疲労困憊&通り雨で遅めのコンベンションセンター入り。
日曜日はゴスペル一色、無宗教の日本人は肩身を狭く少しだけ鑑賞して、夜の本番に備えてホテルで充電。

最終日の夜はずっとメインステージで。
まずはDoug E. Freshが呼び入れたAshantiをのんびり鑑賞。

そして本番、Teddy Riley's New Jack Swing Experience (は長くなるので別投稿)

1時間50分のTeddy祭りに燃え尽き、次のFantasiaが始まっても放心状態。
怒っているのか?と思うほど熱いステージをぼんやり観ていたら従兄弟のK-Ciが登場。
が、Fantasiaに絡むことなく空かしながら持ち歌Come & Talk to Meを熱唱して帰っていった笑

今年のトリを務めるのはJanet Jackson、ツアーを続けているだけあって仕上がっていた。
離婚してまたセクシー系に戻ってたら嫌だなと思ってたけどそれもなくてよかった。
数日前に父親が亡くなりその後初のパフォーマンス、父への追悼コメントに続けて歌ったTogether Againがハイライトでした。


濃密な4日間があっという間に終わってしまった。
iPhoneの歩数計によると前回の半分程度、欲張らなくなったというのもあるけど、わずか2年だが体力の衰えは明らかだった。
少しでも若いうちにまた行けるように日々頑張ろう。

.

2016-07-03

Essence Festival 2016 day3

Essence Festival 3日目、疲れからか朝はやや寝坊。
朝食はアリゲーター・ポーボーイ(ワニのフライのサンドウィッチ)
こちらのフライは衣に特徴があるのね、美味しかった。

コンベンションセンターのチャーリーおじさんのお店でトートバッグをお買い物。
本の購入者にはサインしてくれるけど、こちらにはしてくれませんでした、残念。

隣のセンターステージにアメリカンアイドル・ファイナルシーズンのファイナリストでその後Motownと契約したLa Porsha Reneeが登場、番組でも歌っていたリアーナのDiamondsを歌ってくれました。

この日は日曜日、本場のゴスペルをその雰囲気を味わうのもこの旅の目的のひとつ。
ホールでは午後からClark Sistersトリビュートが開催。
内容は、最前列に座るClark Sisters本人たちに向けていろいろなアーティストが1〜2曲を歌うという夕方までの長丁場。
出演アーティストは、観た順に
Virtue, Tarsha Page, Kelly Price, Brian Courtney Wilson, KeKe Wyatt。
予定していたFaith Evansは体調不良ということで欠席、残念。
続けて、Yolanda Adams, Chrisette Michele, Ledisi, Kierra Sheard、そして大トリはThe Clark Sisters、豪華すぎるラインナップ!
Karen ClarkとKierraの親子の掛け合いとかヤバかった。

夜の部は観た順に…
最終日は観たいアーティストが少なすぎて、ずっとメインステージ

Prince Tribute
Luke James, Kelly Price, Marsha Ambrosius, Larry GrahamらによるPrince Tribute。
最後はブラスバンドみたいなのが入ってきてさながら賑やかな葬儀のような…
これがニューオーリンズ式なのか?
Marshaさん妊娠されてたのね、おめでとうございます。

Andra Day
CDで聴いた時はAmy Winehouseっぽいな、ふーんくらいしか思わなかったけど、ライブは伸びやかでパワフルで素晴らしかった。
でも、大きな会場よりもブルーノートくらいの箱で聴きたいかな。
9月の来日公演に行くことを決めました。

Ciara
名前は知ってるけど曲を全く聴いたことないので皆無でしたが、ダンスがキレてたと思います。
Essenceの後にご結婚されたのですね、おめでとうございます。

Kendrick Lamer
この方の人気の秘密を探ろうとしてみました。
音よりもリリックなのかな?英語わからないからな… なんて思ってたけど、ここにいる観客の99%が黒人だけど、座って微動だにしない人がけっこういた。
なんなんだろう? 結局わからず。

Puff Daddy
まさかPuff Daddyを観る機会がくるなんて思ってたなかったので嬉しかった。
大トリじゃなくてもよかったけど笑
Bad Boy Entertainment 20周年。
この人の場合はゲストがどれだけ出てくるかがポイント。
Puff Daddyのソロが続く中、Maseきたー!
112、この頃はSlimばっかり歌いよんなぁ。
昼間欠席したFaith Evans、初日より激唱してるやん!
ずる休みやな、きっと笑
Bad Boyの今の顔French MontanaにFabolous投入、この辺りは馴染みがないので流す。
ステージまでの直線には背のめっちゃ高い奴が邪魔をし、モニターにも映してくれない時間が多くて、やきもきしながら鑑賞してた。
初期のヒット曲はだいたいやった感じかな。
Lil Kim, Total, Carl Thomasとか出てきてほしかったな。
Mary J Bligeなんかニューオーリンズにいたはずなのに、なんで出てこないんだ…
なぜかMarsha Ambrosiusが出てきてSay Yesを歌った謎。
ラストはI'll Be Missing You、これ見よがしにPrinceの名前を付け加えてた笑

Essence Festivalが終わった。
なんか長かったような、あっという間だったような…
最終日もCafe du Mondeでベニエを食べて終了。

かと思いきや、ホテルまでの帰り道、House of Bluesの前を通った時にライブを終えたTankがちょうど出てきた。
教えてもらわなかったらわからなかったよ、小さくて、オーラなくて笑

その日は寝ずに空港へ。
最後にチキンワッフルを食べ、帰路へ。
また戻ってきたいな、ここに。